東京スカイツリーのご紹介

世界一高い自立式電波塔として地上634mの高さで2012年に誕生した『東京スカイツリー』では、新しい東京の名所として全国から注目され、多くの観光客で賑わいをみせています。

 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

 

スカイツリー(夜景).jpg

天望デッキ

地上350mから360度の大パノラマで東京を一望することができる天望デッキは、スカイツリーに訪れる方の大半が目的としている一番の見どころポイントとなっています。

天気の良い日に眺める空からの景色は、まさに絶景の名にふさわしい壮大な景色が広がっていますが、天望デッキ内には江戸時代の絵師である鍬形恵風によって描かれた「江戸一目図屏風」が展示されていますので、天望デッキに訪れた際には是非ともこちらに注目しておきたいところです。

江戸一目図屏風は200年ほど前に想像で描かれた江戸の眺望画ですが、東京スカイツリーからの眺めと非常に構図が酷似していることから、現代の景色と重ねながら見ることで周辺の歴史を感じ取ることができますよ。 また、階段を下りたフロア340には2m×3mの「ガラス床」が設置されており、足元のクリアガラス越しからは下界を見下ろせるようになっていますので、350mの高さから覗きこむ迫力ある景色は、まさにスカイツリーでしか味わうことができません。

 

天望回廊

天望デッキから更に上の階層となる東京スカイツリー天望回廊へ行きたい方は、フロア350にてチケットを購入することが可能ですので、地上450mの空中散歩を楽みながら"ソラカラポイント"として設けられている451.2mの最高到達点を目指せば、不思議な浮遊感などを楽しむことができますよ。

天望回廊は当日券のみとなりますので、せっかく天望デッキまで上ったならば天望回廊も合わせて見ておきたいところです。 ちなみに天望デッキの入場チケットは当日券の販売もしていますが、平日でも大変混雑していますので確実に入場したい方は、事前にインターネットや旅行会社でチケットを購入しておくことをおススメします。

 

ソラマチ

スカイツリーの足元に建設された大型商業施設のソラマチでは、312店舗ものオシャレなファッションブランドや下町から生まれた伝統工芸品などのバラエティー豊かなショップが集っていますので、小さなお子さまからご年配の方まで楽しめるお店が勢揃いし、ご家族で訪れた方でも楽しめる場所となっています。

ソラマチには限定のお土産品の販売や、スカイツリーをモチーフにした「タワー丼」などの観光地グルメを楽しむことができますので、スカイツリーで眺望した後には必ず立ち寄りたいスポットです。

 

すみだ水族館

東京スカイツリータウンの5・6階には、世界遺産に登録された小笠原の海をイメージしたすみだ水族館があり、小笠原の海の色を再現した独特の"ボニンブルー"と呼ばれる深い青色の館内では、たくさんの色鮮やかな魚たちが泳いでいますので、幻想的な世界に心奪われてしまいます。

通常の水族館よりも生き物との距離が近い館内では、国内最大級のプールで泳ぐペンギンやオットセイの姿を1mという至近距離で鑑賞することができますので、迫力ある彼らの生き生きとした姿を見れば大人の方でも大満足の楽しさですよ。

すみだ水族館HP

 

 

イーストタワー

イーストタワー30・31階では、地上150mからの眺望を楽しみながら美味しいグルメを堪能することができるレストラン街が11店舗出店しており、各店舗では天望デッキ内のレストランに負けることのない絶景が自慢となっていますので、スカイツリーを間近に見ながらゆっくりとお食事を楽しみたい方におススメです。

夜になると様々なネオンカラーに彩られる東京スカイツリーを眺めながらのお食事は、非常にロマンティックな場所ですのでデートにもピッタリですよ。

東京スカイツリー イーストタワー - 都心へ4路線利用可能な魅力的なロケーション