食から芸術まで 上野

新幹線が発着する上野駅周辺には、観光にピッタリの充実した色々な施設が集合していることから、車やバスを使わずとも歩いて移動が可能なため、東京の中でも非常にアクセスが便利な土地として人気を呼んでいます。

アメヤ横丁

年末時期になると、毎年テレビのニュース映像としても放送されることでもお馴染みの"アメ横"ことアメヤ横丁は、戦後の闇市から発展した商店街で、御徒町まで続く長い通りには、いつも活気に満ち溢れたお店の店員さんの声が飛び交っています。

迫力あるオジサンのダミ声もまたアメ横らしさでもありますが、うまく交渉をすれば値引きをしてくれるところがアメ横ならではの醍醐味となっていますので、お目当ての商品を安く手に入れたい方は店員さんにおねだりしちゃいましょう!

また、アメ横はB級グルメの宝庫としてビールに合う絶品グルメが満載となっていますので、昼間から乾杯する光景が当たり前となっている大衆臭さもアメ横ならではの魅力ですよ。

上野恩賜公園

アメ横のある中央口とは反対側の公園口では、賑やかな上野の雰囲気を一転させる緑あふれる上野恩賜公園が広がります。

都会のオアシスとも呼ばれている上野公園では、桜が満開となる春シーズンにはお花見客で賑やかなムードになりますが、普段は落ち着きのある穏やかな雰囲気に心癒される素敵なスポットです。

広大な敷地の公園内には、上野のシンボルでもある「西郷隆盛の像」や「上野東照宮」、「旧寛永寺五重塔」など見どころポイントが多数ありますので、四季折々の自然を感じながらのんびりと散策すれば、忙しい毎日から解放されて心がリフレッシュされますよ。

上野動物園

上野公園内にある上野動物園は日本で最も古い動物園ですが、開園して以来全国から多くの人が訪れる年間入園者数日本1位の大人気動物園です。

表門から入園するとすぐにジャイアントパンダゾーンが現れる東園では、ワシなどの猛禽類やライオン、ゴリラ、ゾウなど、動物園ならではの人気動物を見ることができます。

自然が多い上野動物園は、まるで森の中を散策しているかのような気分になるところも、動物園としての楽しさを倍増させてくれるポイントになっていますので、大人でも非常に楽しめる動物園ですよ。

また、キリンやオカピ、ペンギンなどの可愛い動物たちがいる西園には、歩いて行くことも可能ですが、園内を繋ぐモノレールに乗車してラクラク移動するのも楽しい気分になります。

アイアイが住む森の周辺には不忍池が広がっていますので、7月から8月頃に行くと水面に浮かぶ蓮の花がシーズンを迎えてとても綺麗でおススメです。

旧岩崎邸庭園

三菱財閥の三代目である岩崎久彌が、建築家ジョサイア・コンドルに設計させた洋館が非常に豪華な造りになっている旧岩崎邸は、本格的なヨーロッパ式の邸宅が外観より圧倒されてしまいますが、館内に入ると柱一本一本にも細やかな装飾が施されていますので、ドラマや漫画に出てくるお屋敷のイメージそのものの建物です。

和館に至っても、書院造りを基調としながらスギやヒノキを使った重厚な造りで、財閥ならではの名家としての凄さを改めて実感します。

撞球室として設計された山小屋風のビリヤードなど、3つの表情を楽しむことができる岩崎邸は見ごたえたっぷりとなっていますので、上野に訪れた際には必ず立ち寄りたいおススメのスポットです。

このほかにも、上野には「黒田記念館」や「東京芸術大学」が建ち並び、日本の芸術が発展した文化的な土地であることを感じさせるアートな街でもある上野は、隣接する「上野美術館」や「国立博物館」などで、様々な展示が開催されていることから何度でも足を運びたくなる魅力で溢れています。