昼と夜の顔を持つ六本木

外国人も集まるインターナショナルな街として発展した六本木は、ラグジュアリーなブランドショップや一流シェフのレストランが建ち並ぶオシャレな街であり、様々なランドマークが東京らしさを感じる煌びやかなスポットです。


東京タワー


1958年に、高さ333mで誕生した東京の代表的なシンボルである東京タワーは、スカイツリーが誕生した今でも沢山の人達に愛されている大人気のランドマークです。

東京の街を彩る赤い鉄骨が印象的な東京タワーは、何と言ってもシーズンやイベント等に合わせて色とりどりのネオンに輝く夜のライトアップです。

ハート型や雪の結晶型のネオンが浮かぶこともあり、思わず「可愛い!」と叫びたくなるような愛着の湧くタワーは、是非一度は間近で見ておきたいスポットです。

展望台に上れば東京の夜景も一望できる東京タワーは、まるでドラマのワンシーンに出てくるかのようなロマンティックさに溢れていますよ。


東京タワーのHPはこちら

 

東京タワー(夜景).jpg

六本木ヒルズ


"ヒルズ族"という言葉が流行した事もある高級マンションが建ち並ぶ六本木ヒルズは、「けやき坂通り」の並木沿いに"ルイヴィトン"や"ティファニー"等の高級ブランド店が400mほど続き、日本の5つ星ホテルである「グランドハイアット東京」や「テレビ朝日」なども集合しているハイセンスな複合型施設です。

"文化都心"をコンセプトに誕生した六本木ヒルズは、街をイメージしているため非常に広大な敷地となっていますので、あらかじめ目的のショップをチェックしておく方が迷う事なくスムーズに観光できると思いますが、ぶらりと入ったお店でも凄く美味しいケーキに出会ったりするので、何も考えずにノープランで歩いても驚きと発見に遭遇できる場所ですよ。

六本木ヒルズ.jpg

東京ミッドタウン

高級ブランドホテルの「リッツカートンホテル」が最高層に入っている東京ミッドタウンは、2007年に六本木の新しい顔として誕生した六本木ヒルズと同様の複合型施設です。

スウィーツ界のトップパティシエである"鎧塚俊彦氏"や"青木定治氏"のお店から、「人形町今半」や「とらや」等、誰もが耳にしたことのある有名店が一同に集まっているミッドタウンは、まさに夢のような空間となっていますので、たまには羽を伸ばしていつもより贅沢に過ごせば至福の時間を得ることができますよ。


東京ミッドタウンのHPはこちら


東京ミッドタウン.jpg

六本木のアート

高級な街としての印象が強い六本木ですが、実はアートにも非常に特化した街となっており、六本木には「国立新美術館」を始めとするいくつもの美術館が点在しています。

森美術館」や 「サントリー美術館」は、ショッピングやお食事をしながら時間が空いた時に立ち寄れる立地となっている上に、美術館としては比較的遅い時間まで開館しているので、気軽に立ち寄れるところがアート好きには嬉しいポイントです。

現代アートから伝統的なアートまで、非常に幅広いジャンルのアートが集まっていますので、自分のセンスや感性を刺激してくれる美術館を選びましょう。


夜の六本木

"眠らない街東京"という言葉もありますが、六本木は昼間の雰囲気をガラリと変えた華やかな夜の姿も必見です。

団体ツアーでも人気のスポットになっている「金魚」は、ニューハーフダンサー達が素敵なショーを繰り広げ楽しい夜のひと時を与えてくれるお店で、なかなか味わう事のない異世界を体験することができますし、「ものまねエンターテイメントハウスSTAR」では、ものまねタレントがテレビと同様に、ステージでショータイムを繰り広げてくれます。

臨場感漂うそれぞれのショーは、爆笑と興奮でグイグイとお酒が進んで大人の遊びを思いっきり楽しむことができますので、都心ならではのユニークな夜のお店で六本木をエンジョイしちゃいましょう!